第2回 早稲田大学・Fraunhofer IESE共催セミナー 「データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質」9月4日開催

参加募集開始: 9月4日(金) 第2回 早稲田大学・Fraunhofer IESE共催セミナー 9月4日(金)「データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質」 ~ゴール指向の測定・改善およびGQM+Strategiesの実践と国際展望~

標記の無料セミナーの参加募集を開始しました。テーマは GQM+Strategies と SQuaRE です。ぜひご参加ください。

================================================================================
【参加募集】
第2回 早稲田大学・Fraunhofer IESE共催セミナー 9月4日(金)
「データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質」
~ゴール指向の測定・改善およびGQM+Strategiesの実践と国際展望~
http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/?page_id=2061

早稲田大学、Fraunhofer IESEの共催、IPA/SECとCSAJの後援により、GQM+Strategiesと
関連技術への取り組みや、国際規格ISO/IEC 25000 SQuaREシリーズを活用したソフト
ウェア品質評価の取り組みを中心として、ゴール指向と測定に基づいてデータに裏付け
られたIT経営およびソフトウェア品質評価・向上の実践動向と国際展望を紹介します。

GQM+StrategiesはIESEによって開発された、企業・組織における目標 と戦略(例えば
IT化)の間で整合性をもたせて組織構造に沿って連鎖させ、かつ、目標達成を定量的に
評価可能とする手法です。GQM+Strategiesは、ゴール指向の測定手法であるGQM(Goal-
Question-Metric)法を、組織目標と戦略の整合に向けて拡張した手法と位置付けられ
ます。SQuaREは、システムやソフトウェア製品の品質要求と評価に関する国際規格
シリーズです。

早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所からは、GQM法および
SQuaREシリーズを活用したパッケージソフトウェアやSaaSのソフトウェア品質実態調査
の枠組みと今後の展望を解説します(IPA 2015-2016年度 RISE委託研究として実施)。
また関連組織や協力企業等より、同品質実態調査のベースとなるSQuaREシリーズとPSQ認
証制度について詳しく解説します。さらに、GQM+Strategiesや関連技法の国内における
適用事例、ならびに、GQM+Strategiesを用いる際の組織戦略の衝突や不整合の検出に
ついて解説します。

IESEからはGQM+Strategiesの発明者より書籍『Aligning Organizations Through
Measurement: The GQM+Strategies Approach』(2015年9月邦訳『ゴール&ストラテジ
入門 – 残念なシステムの無くし方 -』オーム社、2015年9月出版予定)に沿って、
GQM+Strategiesの目的や仕組みを詳しく解説し、あわせて実践事例を紹介します。さらに
GQM+Strategiesの応用研究として、ソフトウェアシステムにおける技術的負債
(technical debt)や、スマートエコシステムにおけるビッグデータを扱う際のビジネス
目標とIT戦略の整合にGQM+Strategiesを活用するプロジェクトを紹介します。

共催:
早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
フラウンホーファー研究機構 実験的ソフトウェア工学研究所(Fraunhofer IESE)
後援(予定):
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 ソフトウェア高信頼化センター
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
日時: 2015年9月4日(金)13:30-17:30(終了後、懇親会を予定)
場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス57号館201教室
(東京メトロ副都心線西早稲田駅 徒歩1分、JR山手線・東京メトロ東西線 高田馬場駅
徒歩15分)
参加費: セミナー 無料
懇親会 4000円程度(場所は同キャンパス 63号館1階、立食形式を予定)
参加申込: https://goo.gl/9VDSFu から参加を申し込みください。
懇親会参加希望の場合は9月1日までに申込みください。
定員: 200名(セミナー)

プログラム(詳細はWebを参照ください):

13:30-13:35 オープニング

セッション1: GQM+Strategies概要と事例紹介

13:35-14:05 GQM+Strategies Introduction> (英語講演)
Jens Heidrich (Fraunhofer IESE)

14:05-14:20 GQM+Strategies Case studies (英語講演)
Jens Heidrich (Fraunhofer IESE)

14:20-14:35 GQM+Strategiesの国内適用事例の紹介(仮)
野村 典文(伊藤忠テクノソリューションズ、早稲田大学グローバルソフトウェア
エンジニアリング研究所)

14:35-14:45 質疑

セッション2: GQM+Strategiesおよび関連技術の研究最前線

14:55-15:25 GQM+Strategies for technical debt in software systems and big data
in smart ecosystems (英語講演)
Jens Heidrich (Fraunhofer IESE)

15:25-15:40 組織戦略の衝突や不整合の検出(仮)
青木 燿平(早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所)

15:40-15:55 Yahoo!クラウドソーシングのサービス運営におけるGQMの活用
(サービス目標、戦略、KPIへの適用)
小川 健太郎(Yahoo! JAPAN)

15:55-16:05 質疑

セッション3: ゴール指向とソフトウェア品質の実態と国際規格

16:15-16:35 ISO/IEC 25000 SQuaREシリーズ解説
込山 俊博(日本電気株式会社 ソフトウェア生産革新本部
エグゼクティブエキスパート、
早稲田大学 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 研究員)

16:35-16:55 SQuaREシリーズを活用したPSQ認証制度(仮)
中野 正(コンピュータソフトウェア協会 PSQ認証室)

16:55-17:15 IPA RISE委託研究 ソフトウェアのベンチマークとなる品質実態調査
における品質評価枠組み
鷲崎 弘宜(早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所)

17:15-17:25 質疑

17:25-17:30 クロージング

18:00- 懇親会
================================================================================

広告