書籍

51AG1pvaBpL._SX344_BO1,204,203,200_

本書で解説するGQM+Strategies(目標・質問・メトリクス+戦略)アプローチは、目標に沿って測ることを決めるという意識的・無意識的に広く用いられているGQM(目標・質問・メトリクス)法を拡張し、残念なITシステムを作らないようにするためのものである。具体的には、測定を通じて目標を定量管理する中で、組織のあらゆる箇所や階層において目標とITシステム化に代表される戦略を整合させ、改善させ続けることを可能とする。
本書執筆にあたっては、ドイツIESE研究所(実験的ソフトウェア工学研究所)ならびに日本国内における豊富な実践適用を経た結果を反映させており、経営者や投資(特にIT投資)を検討する立場の方から、戦略(特にITシステム)の企画立案や運用に携わる方まで、幅広く役立つものとなっている。
《本書はAligning Organizations Through Measurement: The GQM+Strategies Approach、2014、Springer、ISBN 978-3319050461の邦訳書です

※訂正
P.14にて図2.2「GQM+Strategiesグリッド」 右側のGQMグラフ内に於いて
誤:企業目標
正:測定目標
になります。訂正してお詫び申し上げます。

 

広告