Identifying Potential Problems and Risks in GQM+Strategies Models Using Metamodel and Design Principles, accepted at HICSS-50 (CORE Rank A)

Chimaki Shimura, Hironori Washizaki, Takanobu Kobori, Yohei Aoki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Katsutoshi Shintani and Takuto Nonomura, “Identifying Potential Problems and Risks in GQM+Strategies Models Using Metamodel and Design Principles,” 50th Annual Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-50), Waikoloa, Hawaii, Jan 4-7, 2017. (to appear)

Although GQM+Strategies assures that business goals and strategies are aligned throughout an organization and at each organizational unit based on the rationales to achieve the overall business goals, whether the GQM+Strategies grid is created correctly cannot be determined because the current definition of GQM+Strategies allows multiple perspectives when aligning goals with strategies. Here we define modeling rules for GQM+Strategies with a metamodel specified with a UML class diagram. Additionally, we create design principles that consist of relationship constraints between GQM+Strategies elements, which configure GQM+Strategies grids. We demonstrate that the GQM+Strategies grids can be automatically determined with the help of design principles described in OCL. In fact, an experiment is implemented using these approaches in order to show that this method helps identify and improve potential problems and risks. The results confirm that our approaches help create a consistent GQM+Strategies grid.

Research activities:GQM+Strategies Design principles list

In our research, we define the Design Principles, which determine the relationships among the elements of GQM+Strategies to create a GQM+Strategies grid correctly. All the design principles are summarized in the Design Principles list. Contribution of this approach prevents the potential problems and the risks occuring by helping user to identify incorrect structure of the GQM+Strategies grid.

IPA/SECセミナー 2016年8月5日 東京 参加者向け 参考書情報

2016年8月5日東京で開催のIPA/SECセミナー 『ゴール指向経営』で的を射たIT投資、利益を生む組織に
~「GQM+Strategies」の活用で組織内の整合性確保と定量的管理を実現~
 にお申込みの方は、こちらの特別注文書を用いて、参考書『ゴール&ストラテジ入門 – 残念なシステムの無くし方』(Basiliら著、鷲崎ら訳、オーム社発行、2015年)を事前に特別価格でお求めいただけます。

同書は 「GQM+Strategies」を、日本国内の実践事例を含めてわかりやすく解説しています。セミナー会場ではお買い求めいただけませんので、ぜひ事前にお申込みください。

参考書 特別注文書: 『ゴール&ストラテジ入門』特別注文書(8月5日 東京セミナー参加者様向け)

Exhaustive and efficient identification of rationales using GQM+Strategies with stakeholder relationship analysis, accepted at IEICE Transactions on Information and Systems (SCIE, DBLP indexed)

ieice_koboriTakanobu KOBORI, Hironori WASHIZAKI, Yoshiaki FUKAZAWA, Daisuke HIRABAYASHI, Katsutoshi SHINTANI, Yasuko OKAZAKI, and Yasuhiro KIKUSHIMA,   “Exhaustive and efficient identification of rationales using GQM+Strategies with stakeholder relationship analysis,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, 2016. (SCIE, DBLP indexed) (to appear)

To achieve overall business goals, GQM+Strategies is one approach that aligns business goals at each level of an organization to strategies and assesses the achievement of goals. Strategies are based on rationales (contexts and assumptions). Because extracting all rationales is an important process in the GQM+Strategies approach, we propose the Context-Assumption-Matrix (CAM), which refines the GQM+Strategies model by extracting rationales based on analyzing the relationships between stakeholders, and the process of using GQM+Strategies with CAM effectively. To demonstrate the effectiveness of the CAM and the defined process, we conducted three experiments involving students majoring in information sciences at two different Japanese universities. Moreover, we applied the GQM+Strategies approach with CAM to the Recruit Sumai Company in Japan. The results reveal that compared to GQM+Strategies alone, GQM+Strategies with CAM can extract rationales of the same quality more efficiently and exhaustively.

IPA/SECセミナー 2016年4月15日 東京 参加者向け 参考書情報

2016年4月15日東京で開催のIPA/SECセミナー 『ゴール指向経営』で的を射たIT投資、利益を生む組織に
~「GQM+Strategies」の活用で組織内の整合性確保と定量的管理を実現~
 にお申込みの方は、こちらの特別注文書(近日リンク公開)を用いて、参考書『ゴール&ストラテジ入門 – 残念なシステムの無くし方』(Basiliら著、鷲崎ら訳、オーム社発行、2015年)を事前に特別価格でお求めいただけます。

同書は 「GQM+Strategies」を、日本国内の実践事例を含めてわかりやすく解説しています。セミナー会場ではお買い求めいただけませんので、ぜひ事前にお申込みください。

お受け取りの方法として、セミナー当日会場渡しと配送を選択いただけます。

参考書 特別注文書: 『ゴール&ストラテジ入門』特別注文書(2月10日 東京セミナー参加者様向け)(近日リンク公開)

51AG1pvaBpL._SX344_BO1,204,203,200_

IPA/SECセミナー 2016年2月10日 東京 参加者向け 参考書情報

2016年2月10日東京で開催のIPA/SECセミナー 『ゴール指向経営』で的を射たIT投資、利益を生む組織に
~「GQM+Strategies」の活用で組織内の整合性確保と定量的管理を実現~
 にお申込みの方は、こちらの特別注文書を用いて、参考書『ゴール&ストラテジ入門 – 残念なシステムの無くし方』(Basiliら著、鷲崎ら訳、オーム社発行、2015年)を事前に特別価格でお求めいただけます。

同書は 「GQM+Strategies」を、日本国内の実践事例を含めてわかりやすく解説しています。セミナー会場ではお買い求めいただけませんので、ぜひ事前にお申込みください。

お受け取りの方法として、セミナー当日会場渡しと配送を選択いただけます。

参考書 特別注文書: 『ゴール&ストラテジ入門』特別注文書(2月10日 東京セミナー参加者様向け)

51AG1pvaBpL._SX344_BO1,204,203,200_

IPA/SECセミナー 名古屋 2015年11月21日参加者向け 参考書情報

2015年11月21日名古屋で開催のIPA/SECセミナー システムの超上流から残念なシステムを無くそう~ゴール&ストラテジ入門~ にお申込みの方は、こちらの特別注文書を用いて、参考書『ゴール&ストラテジ入門 – 残念なシステムの無くし方』(Basiliら著、鷲崎ら訳、オーム社発行、2015年)を事前に特別価格でお求めいただけます。

同書は 「GQM+Strategies」を、日本国内の実践事例を含めてわかりやすく解説しています。セミナー会場ではお買い求めいただけませんので、ぜひ事前にお申込みください。

お受け取りの方法として、セミナー当日会場渡しと配送を選択いただけます。

 

参考書 特別注文書: 『ゴール&ストラテジ入門』特別注文書(11月21日 名古屋セミナー参加者様向け)

51AG1pvaBpL._SX344_BO1,204,203,200_